当サイトテーマSWELL徹底レビュー>>

【一人暮らしの方必見!】エアコンのコンセントが焦げたときの原因【経験談】

真夏にエアコンが故障!?

こんにちは!よっしーです!

 

私は地方で一人暮らしをしている男子大学生です。

今回はそんなのんびりとした生活に起こった

ある事件について書いていこうと思います。

 

目次

事件のあらすじ

7月の暑い日。

突然エアコンが動かなくなりました。

 

前々からエアコンの方から変な音はしていたんです。

まるで羽がついた虫が飛んでいるかのような音。

 

これは田舎あるあるだと思うのですが

夜になると窓を開けていられないほど

虫が家の中に入ってくるんです。

 

暑い夏の夜にエアコンをつけっぱなしにしていては

気持ちが悪くなるので一度エアコンを消して

窓を開けました。

 

そしたら案の上、虫が侵入してきて

鬱陶しいなと思いながらその日は扇風機を付けて

寝たんです。

 

そしたらなんと次の日、エアコンが動かなくなっていました!

すぐに不動産の方に連絡をして来てもらうことになったのですが

 

不動産の方が来る前になんで動かなくなったのか

知りたかったので興味本位でエアコンを見てみました。

 

するとプラグの色がおかしいな?

焦げたプラグ

明らかにおかしい!!

 

プラグを抜いてコンセントを見ていみると…

電源パッドが焦げた

焦げに焦げていました!

 

プラグの裏の方を見てみると

 

焦げたプラグ

 

こちらの方もちゃんと焦げています。

 

しばらくして不動産の方と業者の方が来て話していると

どうやらいくつか原因がわかってきました。

 

コンセントが焦げる原因

コンセントの焦げ原因①接触不良

話を聞いていると接触不良だとのこと。

一度もエアコンをいじったことがないので

 

私のせいではないですよ!

 

コンセントの焦げ原因②そもそも機種が古い

機種の古いエアコン

私の家に設置されていたのは

なんと1997年製のエアコンだったのです!

 

今は2020年…約23年前の機種だったんだ…

 

今はもう修理しようにも生産が終了しているので

新たにエアコンを設置してもらうことになりました!

 

コンセントの焦げ原因③トラッキング現象

長い間プラグをコンセントに

繋いだままにしておくと

その上にチリやホコリがたまります。

 

そのホコリが湿気を含んでしまい

プラグの両極端から放電が発生して

焦げてしまうそうです。

 

私が耳にした虫みたいな音は火花だったのかも…

 

コンセントの焦げ原因④年数劣化

電源タップそのものが劣化していた可能性があるそうです。

劣化することで接触不良が起こってしまうことがあるそうです。

 

確かに私の家のコンセントは

プラグを刺したり引っこ抜いたりすると

くっついてきそうになるので年数劣化は否めません。

 

色も茶色だし。

コンセントの焦げ原因⑤コードが合っていない

エアコンのコード

 

エアコンと電源をつなぐコードが存在します。

 

エアコンのような大きな電力を消費する家電を

動かすためにはコードの直径が20mm程度が

ふさわしいとされています。

 

しかし、私の家についていたのは直径16mmの

コードだったためうまく電力を伝えることができず

コンセントが焦げ付く原因になったと考えられます。

 

まとめ

異変を感じたらすぐに不動産か業者の方に

連絡をしてください!

 

そうでないと

火事の原因になってしまうので…

 

手遅れにならないようにしてくださいね!

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる